豊胸手術の比較

豊胸手術は「プロテーゼ法」「脂肪注入法」「ヒアルロン酸注入法」の三種類が一般的です。これらは、豊胸手術にかけられる時間的余裕や費用、または希望のバストサイズによってどの方法を用いるのが適当かを判断することになります。
まず、豊胸手術の最大の目的であるバストアップを希望するのであれば、「プロテーゼ法」が最もすすめられるものです。プロテーゼ法とは、希望の胸のサイズに合わせたシリコンパックを用意し、それを外部から乳房を切開して中に埋め込むという方法です。切開は数センチ程度で傷も目立ちませんが、必ずメスを用いた施術が必要になります。ただし、シリコンパックは人体には本来備わっていない異物であるため、10年程度の長期が経過すると、硬くなってくるという欠点があります。またさわり心地も普通の胸とは若干異なるようです。
プロテーゼ法によって豊胸手術を受けたあとで硬くなってしまう原因は、体内組織がパックの周りを締め付けるという働きが起きてしまうためです。その問題点を解決するために、考えだされたのが自分の体内の別の部分から取り出した脂肪を胸に移植する「脂肪注入法」という方法です。脂肪を使うので、さわり心地や仕上がりが自然の胸に近くなります。しかし、脂肪注入法は施術の完了まで時間がかかるという問題点があり、病院・クリニックによっては施術自体を行なっていないということもあります。
現在安全性や手軽さの面でもっとも人気があるのが「ヒアルロン酸注入法」という豊胸手術です。